FC2ブログ
練習、記録会等の感想を部員が交代で書いていきます

10月27日(土) 1年 小坂

初めまして!
1年の小坂です。

大学から陸上を始め、あっという間に半年が経ちました。
この半年は学業・競技共に充実させることができました。
これからもこの調子で走り続けて行きたいです!

さて、10月20日、21日に行われた「第266回 日本体育大学長距離記録会」の結果を報告させていただきます。

10000m
1組
石橋(3年)33'42"48(自己ベスト)
池谷(2年)34'33"79(自己ベスト)
小川(1年)37'11"66
小坂(1年)34'59"31
2組
原(4年) 33'45"59
三木(3年)31'33"17(自己ベスト)
山形(2年)31'43"87(自己ベスト)
福田(2年)33'40"79
6組
笹谷(4年)31'36"54
5000m
2組
軽部(1年)18'23"06
高橋(1年)DNF
原武(1年)17'23"58(自己ベスト)
3組
田久保(1年)17'42'64

今回の記録会の結果は、全体的に見ると半数近くの選手が自己ベストを更新し、とても良い結果だと思いました。ようやくこれまでの走ってきた成果が出てきたと思います!
10月28日(日)の国士舘大学競技会でも良い結果を出せるように全力を尽くしていきたいと思います。
スポンサーサイト
2018-10-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

10月11日(木) 1年 軽部

こんにちは。1年の軽部です。箱根予選会への挑戦が終わり、選手それぞれが気持ちを切り替え、これからの目標を立てました。

今回は、そんな中10月7日に行ったポイント練習の結果報告をさせていただきます。

10月7日(日) 和田堀公園
メニュー
16000m+1000m
16000mはビルドアップで、

Aチーム
0~8km 3‘25~30→8~16km 3’20~25
Bチーム
0~8km 3‘40~45→8~16km 3’35~40
Cチーム
0~8km 4‘00~05→8~16km 3’55~4‘00

1000m
ABCチーム フリー

今回のポイント練習は、新監督である前田監督のメニューの元、行ったポイント練習でした。しかし、結果は走り切れた選手は半分もいませんでした。結果だけを見ると、課題の残る結果となってしまったのかもしれません。しかし、当日は25℃を超える暑さの中で、選手自身が区切りをつけ、脱水症状や怪我人が出なかったことは良かったと感じました!

次に、10月13日に行われる箱根駅伝予選会が近づいて来ました!私達、芝浦工業大学は箱根予選会の補助員として、1年生全員と2年生の山内先輩が担当します。箱根予選会の経験のない1年生は少し緊張していますが、頼りになる山内先輩と共に、しっかりと準備をして、仕事をやり切りたいです。そして、予選会に出られなかった悔しさを忘れることなく、来年は絶対に自分が箱根予選会を走る側になると心の中で思いながら、全力で予選会を走る選手をサポートしたいと思います!
2018-10-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

10月4日(木) 3年 河井


お久しぶりです!
駅伝ブロック長の河井です。

前回の記録会が終了後、学科の実験やゼミに追われて慌ただしい日々が続きましたが、ようやくひと段落しました。

さて、9月29日(土)に私たちにとって今年の予選会の出場権をつかめる最後のチャンスとなった東京学芸大学の記録会の結果を報告させていただきます。

東京学芸大学記録会(10000m)

3組
笹谷(4年) 34‘49“42 PM
原(4年) 34’23”19 PM
河井(3年) 34’22”13 PM
三木(3年) 34‘21“58 PM
石橋(3年) 34’09”40 PM
武野内(2年) 34‘21“72
池谷(2年) 35‘38“20
山形(2年) 33’58”86 PM
福田(2年) 35‘37“91 PM
川田(2年) DNF
山内(2年) DNS
小坂(1年) 34’48”68
田久保(1年) DNF
軽部(1年) DNF
高橋(1年) DNF
原武(1年) DNF

上記の通り34分切りを達成することは出来ず、残念ながら今年度の箱根駅伝予選会に出場する資格を得られませんでした。ただ、今回の記録会は私達のチームにとっては忘れられないレースとなったと思います。

昨年度の予選会から今年度の予選会を迎えるまで、私たちにとっては多くの課題を抱えていました。
・上級生の人数不足
・監督不在
・予選会の出場資格が5000m→10000mに
・夏合宿(30日間のうち20日間)の合宿先がないこと
などなど。これらの課題を超えなければ予選会の出場は困難でした。

自分は今年度の駅伝ブロック長になったからには、予選会にみんなを連れて行きたいという意思がありましたが、実際には課題に対する不安は大きく、自分がみんなに求めること(練習メニューやレース結果)は課題を乗り越えるためにはふさわしいのか自信がなかったのも事実です。しかし、下級生は自分の要求に必死に答えようとしてくれたうえに、自分が判断を迷った時は、上級生を中心に相談に乗ってくれました。
結果としては、思い通りのものとはなりませんでしたが、今年度は例年以上にチームとして活動できたと感じることが出来ました。

予選会までわずかに21秒。悔しい思いを全員がしたと思います。この悔しさをバネにして、来年度の予選会に帰って来れるようにこれからも走り続けて行きたいと思います!
2018-10-04 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

2015年9月17日からの閲覧者数

プロフィール

芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック

Author:芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック
芝浦工大駅伝ブロックのブログです!
大会、練習情報を発信していきます。
'18年度チームスローガン Restart~1秒の油断を許すな〜

芝浦工業大学駅伝PV(2017年度)

最新トラックバック

Twitter...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR