FC2ブログ
練習、記録会等の感想を部員が交代で書いていきます

2月28日(木) 2年 池谷 スローガンとチームの目標が決まりました!

こんにちは。
2年の池谷です。

2月20日から9泊10日の春季合宿in宮古島が始まりました!
関東の気候と全く異なり、気温27℃と暑い日(地元の人も例年よりも暑いと言ってました。)もあれば、気温17℃と半袖で過ごすと寒い日もあります。温暖差がかなりあるので体調管理に気をつけて、実りのある合宿にしたいと思います。

さて、今回は春季合宿の前半のポイント練習と昨年度の反省と来年度の抱負、来年度のチームの目標とスローガンを書かせていただきたいと思います。

まずは、春季合宿のポイント練習の報告をします。

2月21日(木)
[練習メニュー]
2000m(400mjog)×3
A 6'10〜'20
B 6'30〜'40
C 7'00

2月23日(土)
[練習メニュー]
20kmPR
A 3'40〜'20
B 3'50〜'30
C 4'20〜'00

春季合宿4回のポイント練習のうちの2回を行いました。

21日のポイント練習では、まだ宮古島の気候に慣れていない状態で行いました。結果としては自分も含め半数くらいが最後まで設定タイム通りにはこなせませんでした。自分はCチームで行いましたが、その気候等によって、思った以上に設定タイムより遅くなってしまいました。

23日のポイント練習は、気温も21日よりも低く、曇っていたため、走りやすい中での練習でした。そのため、ほとんどの選手が設定タイムでこなせました。自分は21日の練習のことを引きずってしまったことなどもあり、距離を減らしてCチームで走り、設定タイム通りにこなせました。


次に、昨年度の反省と来年度の抱負について書かせていただきます。
昨年度の反省は、箱根駅伝予選会にチームで出場できなかったことです。私は9月の時点で、箱根駅伝予選会の標準記録を突破してない選手の中で、突破する可能性がある選手のうちの1人でしたが、それでも自分は標準記録を切れず、また、予選会出場まであと1人というところでした。本当に悔しい1年となりました。

来年度の抱負としては、箱根駅伝予選会標準記録を突破及び箱根駅伝予選会に出場することです。昨年もブログで同じことを書きましたが、本当に今年こそは切ります。しかし、今年はただ標準記録を切るだけでは予選会に出場することは厳しいです。今年から駅伝プロジェクトの推薦で入部する新入生も来て、人数的に補欠に回ってしまう可能性もあります。そのため、一刻も早く標準記録を切り、標準記録を切っている選手に追いつき、追い越せるようにしたいです。


最後に、来年度のスローガンとチームの目標を書かせていただきます。
来年度のスローガンとチームの目標は、、、

スローガン「自律と疎通
目 標「箱根駅伝予選会20位代

に決まりました。

このスローガンに決定した理由は、一人一人が「学生主体」であることにより自覚と責任を持ち(自律)、春季合宿を通じて、チーム内のコミュニケーションが取れてたという認識がありましたが、実際は不十分であったと実感したため、改めて認識し(疎通)、このスローガンを掲げました。

また、チームの目標では、昨年の箱根駅伝予選会に出場できなかった悔しさを果たすことと過去の先輩方の記録予選会30位を打ち破るため、今年度の私たちの目標は予選会20位代にしました。

このスローガンとチームの目標で来年度駅伝ブロックを盛り上げていきます。

長文失礼しました。
スポンサーサイト



2019-02-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月21日(木) 2年 山内

こんにちは。
2年の山内です。
気温・天候の変化が著しいため、体調管理により気を配る毎日です。

最初に2月14日(木)、2月15日(金),2月18日(月)に行われたポイント練習について報告をさせて頂きます。

練習メニュー
<14日>
25kmPR
A 3分50秒
B 4分00秒
C 4分10秒

<15日>
400m*10(R=200m)
A 70〜72"
B 72〜74"
C 76〜78"

<18日>
20kmPR
A 3分40秒
B 3分50秒
C 4分00秒

前回に続き14日・15日はセット練習となり、18日は合宿前最後のポイント練習となりました。強度の高い練習が続く中、14・15日の練習ではほとんどの選手が設定ペースで走り切ることができました。

18日の練習に関してはA・Bチームは設定ペースでこなせた一方、残念ながらCチームは自分も含め設定ペースで完走した選手がほとんどいませんでした。
個人的に、身体にケア不足が見られたことから日々の対策がまだ甘いと実感しました。
各自様々な原因があると思います。どのフォームが適切か・ペース配分は乱れてないか等日々の自主練習で意識・確認を行い、自分も含め次回のポイント練習につなげて欲しいと思います。


次に私の昨年の振り返りについて述べさせて頂きます。
昨年は箱根駅伝予選会の標準記録の突破を目標としていました。しかしながら故障により夏期合宿は練習の強度を高めることができず、標準記録に届くことができませんでした。チームの一員として足を引っ張る形となり、全く貢献ができず悔しい1年となりました。

最後に来年度の抱負について述べさせて頂きます。
お恥ずかしながら、私は今まで夏季合宿を完全に乗り越えたことがありません。いずれの年もオーバーワーク・故障により練習が中断してしまう結果になってしまいました。
このような経緯として、故障を経験した後リスク回避のため、注意力が高まる一方、ある程度期間が空くことにより周囲の環境や練習状況に対する意識が甘くなり、再度故障に至るのではないかと考えました。
リスクを完全に防ぐことは困難ですが、「周囲には常に故障の危険性がある」と毎練習ごと自分に言い聞かせながら準備をすることにより、練習継続ができる状態を維持したいと思います。
また、大学第3学年として後輩に負けないよう練習に努め、チームに貢献したいと思います。

以上です。
長文失礼いたしました。
2019-02-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月17日(日) 2年 内山

こんにちは。
2年の内山です。

早速ですが2月11日(月)、2月12日(火)に行われたポイント練習について述べたいと思います。

練習メニュー
<11日>
25kmPR
A 3分50秒
B 4分00秒
C 4分10秒

<12日>
1000m×3
A 2分58秒
B 3分05秒
C 3分15秒

2日連続のポイント練習ということでしたが、A,Bチームの多くの選手はこなすことが出来ていました。しかし、Cチームに関しては自分も含め終盤に垂れてしまう選手が見受けられました。
ただ、練習をこなせなかった選手たちも、練習後に自分たちがこなせなかった原因等の反省をしていたので、次に繋がるいいポイント練習だったと感じました。

次は、
昨年の反省について述べたいと思います。
自分は入部当初箱根駅伝予選会に出場するためには、標準のタイムがあることを知り、そのタイムを切ることしか考えていませんでした。しかし、自分はその標準タイムを切ることが出来ず、チームとしても予選会出場は叶わずとなってしまいました。個人としてもチームとしても非常に悔しいシーズンでした。

最後に来年度の目標について述べたいと思います。
競技面ではまず、ケガをできるだけしないようにしたいです。昨年は走っている期間よりケガをしている期間の方が長かった気がするので、まずは継続して練習できるようにしたいと思います。
続いて生活面では、来年度最上級生の現3年生をできるだけ支えていけるように気を配っていけたらいいなと思います。

以上です!
2019-02-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月12日(火) 2年 福田

こんにちは。2年の福田です。

2月に入り、早10日余りが過ぎましたが、相変わらず寒い日が続いております。

早速ではありますが、
2/7(木)に行われました合同練習について述べたいと思います。

----------------------------------
〈練習メニュー〉
16000mPR
〈設定タイム〉
A:3’30
B:3’40
C:3’50
----------------------------------

卒業論文の発表や留学、体調不良などの理由で練習に参加した選手は半数程度となってしまいましたが、練習に参加したほぼ全員が設定タイム通りに走り切ることができていました。
余裕のある選手は上半身の動きや脚の流れ、腕振り等を意識したより実戦に役立つようなフォームを模索しながら練習をこなしていた印象があり、非常に意味のある中身の濃い練習になっていたと思います。( Good Job!👍 )

次は、
昨年の反省について述べたいと思います。
私たちは箱根駅伝予選会に出場することができず、先輩方が繋げてきた箱根駅伝への挑戦を途切れさせる結果となってしまい、悔しい1年間となりました。
私個人についても、5000m、10000mともに自己ベストを更新することができたものの記録としてはさほど満足のいく結果ではありませんでした。
また、初めてハーフマラソンに挑戦しましたが、目標とは程遠い記録となってしまい、全体的に煮え切らないままの1年間となってしまいました。

最後に、
今年の目標について述べたいと思います。
4月からは3年生となり、社会人のスタートがもうすぐそこまで迫っている状況です。自身の言動に、より一層の責任を求められる存在となります。部全体のことを考えながら、生活面と競技面の両者共に手本となり、昨年の反省を生かして、さらなる競技力の向上を目指したいです。
2019-02-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月7日(木) 2年 山形

こんにちは。2年の山形です。
2月3日(日)に埼玉駅伝がありました。私たち芝浦工業大学はA,Bの2チームが埼玉の地を、襷を繋ぎながら駆け抜けました。結果は以下のようになりました。

Aチーム
1区 三木  20:46(区間8位)
2区 原   10:22(区間10位)
3区 山形  39:44(区間9位)
4区 武野内 13:08(区間10位)
5区 笹谷  33:35(区間4位)
6区 福田  19:19(区間6位)
総合成績 2:16:54 一般の部6位 入賞

Bチーム
1区 池谷  24:01(区間17位)
2区 内山  10:59(区間15位)
3区 小坂  42:46(区間16位)
4区 軽部  13:50(区間13位)
5区 田久保 40:00(区間19位)
6区 山内  21:23(区間12位)
総合成績 2:32:59 一般の部17位


Aチームは目標の入賞を達成することができました。実は、本来2区を走る予定であった選手が前日に体調を崩してしまい、直前で区間オーダーが変更になるといったアクシデントに見舞われ、チームが動揺するようなこともありましたが、そのようなことを感じさせない走りであったと思います。また、4年生は卒論と並行しながら競技を続け今回出走しました。本当にお忙しい中であるのに練習を毎日する姿勢は本当に尊敬します。そんな4年生の力走が今回の結果につながったと思います。

個人の振り返りをします。
前日の区間変更により、私は急遽3区を走ることになりました。本来走る区間より距離が延びるとともに、突然の変更であったため非常に動揺していました。そのような状態の中で本番を迎えました。襷を受け取るまでは、不安で仕方ありませんでしたが、2区の選手が襷を持ってきたとき、不安が一気に消し飛びました。それ以上に、チームのために1秒でも削る走りをしようと思いました。しかしながら、この時は冷静ではなかったのもあり、前半かなりのオーバーペースで走ってしまいました。これが原因で後半は思った以上にタイムが伸びず、自分の力を出し切ることができませんでした。非常に悔しい結果となってしまいました。この悔しさを糧に、今後はオーバーペースでもしっかりと走り続けることのできる身体になるよう一層練習に励みたいと思います。

最後に、現地に足を運び私たちの応援に駆け付けてくださった校友会の方々をはじめ、陸上競技部OBの方々、沿道から応援をしてくださった方々、朝早くからサポートしてくれたマネージャー及び付き添いの方々、本当にありがとうございました。皆さまの応援、サポートが入賞に繋がりました。今年こそは、立川の舞台を駆け抜ける姿をお見せすることを約束します。引き続き応援、サポートをよろしくお願い致します。


長文失礼致しました。
2019-02-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月2日(土) 3年 三木

こんにちは。​3​年の三木です。

今週末​2​月​3​日(日)に埼玉駅伝があり、緊張しています。 先週の​1​月​26​日(土)に行ったポイント練習の報告、個人の昨年度の反省、来年度の抱負を
報告いたします。

1​月​26​日(土)
[​練習メニュー​]
8000mor12000m
A:3​分1​5~25
B:3​分3​0~40
C:3​分​45~55

埼玉駅伝が控えているため、速いペースでの短いビルドアップ走を行いました。全体的に練習をこなせた人が多く、埼玉駅伝前に良い練習ができたと思います。個人的には風邪で体調を崩していたので、不安はありましたが​A​チームで​12000m​を走り切ることができ、調子の確認が行えました。大会前なので、風邪やインフルエンザの予防(手洗いうがい)をしたいと思います。

個人の昨年度の反省と来年度の抱負に移ります。 昨年度は、個人的に大きな怪我をすることがなく競技を行うことができ、​5000m​、​10000m 、ハーフマラソンで自己ベストを更新することができました。しかし、チームとしては箱根駅伝予選会に出場することができず悔しい一年となりました。 反省としては、自分のことに精一杯になってしまい、視野が狭くなっていたと感じます。原因としては、個人の目標に目が行き、「箱根駅伝予選会出場」というチーム目標を軽くとらえていたことにあると思います。このことから、チームの目標を達成するための個人的な目標を明確にし、日々の練習の意味を考えて練習に取り組むこと、競技力を高め合うことが大切だと感じました。

来年度の目標は​4​年生として主務として選手としての自覚ある行動をすることです。自分は来年度から大宮校舎に戻るため、大宮校舎での練習を引っ張るとともに豊洲とうまく連携して部をまとめたいと思います。

来年は最終学年です。箱根駅伝と自分がかかわる最後の年になると思います。これまでの活動の大きな思い出は「矢澤先輩の箱根駅伝​1​区出走」です。昨年度は「芝浦、走ってたね。」という声や、練習中に「箱根走った矢澤君?」と間違えられることもあり、反響の大きさを実感しました。来年度はチームとして関東学生連合のメンバーに選出されるような選手、出走できるような選手を芝浦工業大学から出せるようにしたいです。自分のハーフマラ ソンのベストは​67​分​31​秒です。関東学生連合のメンバーにはあと2~​3​分ほど速く走らないといけませんが、仲間と切磋琢磨して差を縮めていきたいです。

2月3日(日)に開かれる埼玉駅伝の応援よろしくお願い致します!
2019-02-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

2015年9月17日からの閲覧者数

プロフィール

芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック

Author:芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック
芝浦工大駅伝ブロックのブログです!
大会、練習情報を発信していきます。
'19年度チームスローガン 自律と疎通

芝浦工業大学駅伝PV(2017年度)

最新トラックバック

Twitter...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR