FC2ブログ
練習、記録会等の感想を部員が交代で書いていきます

3月30日(土) 新3年 中川

皆様こんにちは

4月より3年となります中川です。
暖かい日はとても過ごしやすく、それでもまだ寒さの残る今日この頃ですが
今年も芝浦工業大学陸上部駅伝ブロックは
練習だけでなく勧誘活動に力を入れる時期になりました!

昨日から2日間大宮Cにて、また週明け1日には豊洲Cにて勧誘ブースを設け、
新入生の入部希望者を心待ちにしております。

こちらの→Twitterで勧誘情報をみたり、ブースに来たり、してもらえると嬉しいです!
HPは現在移行作業中で情報が滞ってしまっています。
申し訳ございませんがご了承ください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-

さて、ブログ更新の期日を守れなかったために、
随分と前のことについてが今回の本題になります。
先週日曜日、24日には国士舘大学競技会があり、トラックシーズンがやってまいりました。
直前の調整練習メニュー、当日の結果について書かせていただきます。

3/20(水)は、下記の通り調整練習となりました。
各々自分の調子と向き合えた練習になりました。
[練習メニュー]
1000×3
[設定タイム]
A:2分58〜3分00
B:3分05〜08
C:3分15

次に、3/24(日)の競技会結果です。
今回は出場選手全員種目は5000mに出場しました。

2組
川田尚輝 19'13"19(24) 
3組
池谷智広 17'49"69(17)
石橋尚樹 DNS
6組
福田拓実 15'55"23(8)
武野内恵介 16'20"58(16)
7組
三木海刀 15'29"22(6)
山形祥貴 15'43"54(8)
9組
河井大晟 DNS

今回久々のトラックの競技会となりました。
各々これからのシーズンに今回の結果を生かせるよう、
新たな仲間と切磋琢磨し、スローガンである
自律と疎通を意識しながら、成長していきます!


最後になりますが、
気づけばもう大学の半分が終わり、マネージャーという立場から
選手の応援をできる期間ももうあと僅かになってきたように感じます。
新年度はさらなる高みを部全体で目指していきます。
引き続き私たち芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロックをよろしくお願いいたします!
新入生の選手・マネージャー・スタッフ部員、心待ちにしております!

ではいつか次に私のターンが、もし来たときには、よろしくお願いします!
失礼します!
2019-03-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3月26日(火) 2年 川田

2年の川田です。

3月も後半に差し掛かり、季節の変わり目だからでしょうか、ふとした事で涙腺が緩みだす今日この頃です。

それはさておき14日と16日に行われたポイント練習について報告をさせていただきます。

3月14日(木)
[練習メニュー]
400m×10
[設定タイム]
A:72
B:76
C:80

今回の練習ではハーフが終わったこの時期、これからのトラックシーズンに向けて、体をスピードに慣れさせるという意味を込めて行いました。今回から新入生もポイント練習に参加したという事で、大人数で練習を行えたと思います。私はCチームで行いましたが、スピードについていけず、離されてしまいました。

3月16日(土)
[練習メニュー]
12000mPR
[設定タイム]
A:3分25
B:3分35
C:3分45〜50

今回の練習では、今月引退された原先輩にも参加していただきました。多くの部員がこなせており、いい練習になったかと思います。

練習の報告は以上で、次に昨年度の反省を述べたいと思います。
自分は昨年から陸上部に再入部し、1年間練習を行って参りました。しかし、予選会標準の34分を切れないというような結果となり、また度々起こる怪我にも悩まされ、悔しい1年となりました。

最後に来年度の目標を述べたいと思います。
現在もですが、昨年度は怪我の多い年だったので、来年度は怪我をせず練習を積んでいく事が目標です。日常生活においては、上に立つ学年となるので、チームを先導出来る存在になる事が目標です。

以上です。
2019-03-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3月17日(日) 1年 小坂 立川ハーフの結果

こんにちは!
1年の小坂です。

もうすぐ年度が終わり、1,2,3年生は学年が上がり、4年生は卒業してしまう時期になりました。その4年生が引退する最後のレース、立川学生ハーフマラソンを走りました。結果は以下の通りになります。

394 三木海刀(3年) 1:08:32
430 笹谷啓太(4年) 1:09:10
577 山室直斗(2年) 1:11:38
618 福田拓実(2年) 1:12:29
643 原皓人(4年) 1:13:20
646 山形祥貴(2年) 1:13:23
708 河井大晟(3年) 1:15:23
731 小坂優豪(1年) 1:16:11
750 武之内恵介(2年) 1:16:55
796 原武佑次(1年) 1:19:11
847 池谷智広(2年) 1:24:10
857 田久保龍(1年) 1:26:31
871 川田尚輝(2年) 1:36:48
DNF 軽部正志(1年)

全体的に結果は芳しくない結果となってしまいました。春合宿の練習を上手く結果に出すことができず、悔しいです。このレースを反省し、さらに成長して行きたいです。4年生はこれで引退となりますが、社会人になってもさらなる活躍を期待したいです。

また、今年度の反省と来年度の目標をこの場で述べさせていただきたいと思います。
今年度の反省は箱根駅伝予選会後から練習態度が悪くなったところです。特に自分は、1月辺りから自主練の練習量が減ったり、大会や合宿で寝坊してしまうようになってしまいました。そのせいで記録も伸びず停滞してしまうようになってしまいました。こんなことでは先輩になる資格もありません。
ですので、来年度の目標は陸上への意識を高めていくと共に自律できる選手になれるように頑張りたいです。
2019-03-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3月16日(土) 2年 山室

徐々に日差しが出てきて暖かくなり春の訪れを感じ始める季節となりました。そんな季節が大好きな2年の山室です。

木曜日に行われたポイント練習と昨年の反省、今年の抱負を述べさせていただきます。

[練習メニュー]
3000m
[設定タイム]
A:3分8〜5秒/9分20〜15秒程度
B:3分15秒/9分45秒
C:3分30秒/10分30秒

今回の練習は立川ハーフに向けた調整ということもあり、それぞれゴールタイムに差はありながらも、自分の状態をしっかり確認できた練習になりました。私はレースのスタートのペースを想定して走り、感覚を掴めたので自信を持ってレースに臨みたいと思います。入部予定の新一年生との顔合わせもあり、新しい駅伝ブロックに乞うご期待です!

次に昨年の反省を述べます。
昨年はとにかく周りについていくことに必死になり、予選会の標準を切っていながらも頼りない実力であり、また周りの状況も見ることが出来ていなかったです。自分がもっと予選会の標準記録突破を目指す選手の練習の引っ張りができていれば、状況も変わっていたと思い、自分自身大きな後悔があります。今後は安定して結果を出せる選手としてこのチームで貢献していきたいです。

最後に今年の抱負を述べます。
後期に自己ベストを大幅に更新し、チームの一人として自信が持てるようになりました。今まで教わってばかりだったので、上級生として練習や活動の中でチームを引っ張って行き、今年のスローガンである「自律と疎通」から後輩とのコミュニケーションを大切にしていきたいです。選手として自分の良さをさらに磨きをかけてこれからも大きく成長していける1年間にします。

新体制となる駅伝ブロックもどうかよろしくお願いします!
2019-03-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3月15日(金) 3年 石橋

こんにちは。
駅伝ブロック3年の石橋です。
3月4日のポイント練習を報告します。

8000mPR
A:3分10〜15
B:3分20〜25
C:3分40〜45

私はBチームで行いました。この日は雨が降っており、寒かったですね、、、
全体的にペースよりすこし遅くなっていました。私は開始早々離れてダメダメでした。
新4年生として不甲斐ない練習でした。
もっと練習しないといけません。

話はガラッと変わりますが、昨年の反省を述べたいと思います。
昨年は自己ベストを更新できたこともあり全体的にいい一年でした。
しかし、走行距離が少ないこともあり、ハーフマラソンなどは失敗が多かったです。
来年は最後の一年で就活、卒論と忙しいですが、トラックとロードで自己ベストを更新できるようにします!
2019-03-15 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3月5日(火) 2年 武野内

2月26日(火)
メニュー 1000m(200m)×10本
設定タイム
A:3分10〜12
B:3分20〜25
C:3分40秒

2月28日(木)
メニュー 16000mPR
設定タイム
A:3分20〜25
B:3分30〜35
C:3分50〜55

こんにちは2年の武野内です!
26日と28日の合宿中のポイント練習の振り返り、昨年の振り返りと今年の抱負を述べさせて頂きます。

まず、26日のポイント練習の振り返りです。
私はBチームで行いました。メンバーは6人(1年1人、2年3人、3年1人、4年1人)で上級生5人が2本ずつ引っ張りメンバー全員がしっかりこなせました!
反省点は私が引っ張る時に少し設定タイムより遅くなってしまったことです。やはり強い選手はどのペースでもそのペース感覚を持っているため、上を目指す為には普段のjogからペースを意識して走ることが重要だと感じました。
次に28日のポイント練習の振り返りです。
私はBチームで行いました。メンバーは5人(1年1人、2年2人、3年1人、4年1人)で上級生4人で4kmずつ引っ張りました。私は4km〜8kmを引っ張り、ペース通り引っ張ることが出来ましたが、12kmからタレてしまいました。その原因として、前半引っ張ることに頑張り過ぎて楽に走ることが出来なかった事、キツくなってから気持ちが折れて付いていくことを諦めてしまったことです。情け無いです。
埼玉駅伝前にこのペースより少し速めのペースで出来ていたのに、合宿の最後の練習で疲労があるとはいえこの結果になってしまったのは「このペースなら余裕だな、行ける行ける最近調子良いし!」と自分への緊張感を無くし過ぎてしまったことも原因だと思いました。これからは練習に取り組む時の心の考え方を試して、経験して1番しっくりくる精神状況で試合に臨めるようにしたいです。
練習の振り返りは以上です。

最後に昨年の振り返りと今年度の抱負を述べさせて頂きます。
私は昨年怪我ばかりの年でした。またその怪我が原因で継続した練習が出来ず、去年の箱根駅伝予選会出場が叶うことなく1年を終えました。去年の事を思い出すといつも、チームのみんなには申し訳なかったなと思います。この悔しさをバネに今年は先輩、監督、マネージャー、その他の応援して下さる皆さんに恩返しをすると強く誓った年になりました。
そして今年の抱負は、私が前期までに目標としているタイム、10000mを31分30秒で走り切ることです。
その為にはまずAチームで練習をこなせる様にならなければなりません。4月中には距離走、5月にインターバル走をAチームでこなせる様にならなければ前期の内に目標タイムを切るのは難しいと思います。そのため、3月にどれだけ今回の合宿のリズムと同じように練習が出来るかが重要になってきます。
しかし、もっと重要なのが怪我をしないことです。去年の経験から怪我をしてしまったらどれだけ目標が遠ざかるかを痛いほど味わいました。怪我をしない為には、定期的に井野トレーナーのマッサージを受けに行くこと、練習後のストレッチを必ず行うことだと思うのでそれだけは徹底して行いたいです。

以上です。
長文失礼します。
2019-03-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月28日(木) 2年 池谷 スローガンとチームの目標が決まりました!

こんにちは。
2年の池谷です。

2月20日から9泊10日の春季合宿in宮古島が始まりました!
関東の気候と全く異なり、気温27℃と暑い日(地元の人も例年よりも暑いと言ってました。)もあれば、気温17℃と半袖で過ごすと寒い日もあります。温暖差がかなりあるので体調管理に気をつけて、実りのある合宿にしたいと思います。

さて、今回は春季合宿の前半のポイント練習と昨年度の反省と来年度の抱負、来年度のチームの目標とスローガンを書かせていただきたいと思います。

まずは、春季合宿のポイント練習の報告をします。

2月21日(木)
[練習メニュー]
2000m(400mjog)×3
A 6'10〜'20
B 6'30〜'40
C 7'00

2月23日(土)
[練習メニュー]
20kmPR
A 3'40〜'20
B 3'50〜'30
C 4'20〜'00

春季合宿4回のポイント練習のうちの2回を行いました。

21日のポイント練習では、まだ宮古島の気候に慣れていない状態で行いました。結果としては自分も含め半数くらいが最後まで設定タイム通りにはこなせませんでした。自分はCチームで行いましたが、その気候等によって、思った以上に設定タイムより遅くなってしまいました。

23日のポイント練習は、気温も21日よりも低く、曇っていたため、走りやすい中での練習でした。そのため、ほとんどの選手が設定タイムでこなせました。自分は21日の練習のことを引きずってしまったことなどもあり、距離を減らしてCチームで走り、設定タイム通りにこなせました。


次に、昨年度の反省と来年度の抱負について書かせていただきます。
昨年度の反省は、箱根駅伝予選会にチームで出場できなかったことです。私は9月の時点で、箱根駅伝予選会の標準記録を突破してない選手の中で、突破する可能性がある選手のうちの1人でしたが、それでも自分は標準記録を切れず、また、予選会出場まであと1人というところでした。本当に悔しい1年となりました。

来年度の抱負としては、箱根駅伝予選会標準記録を突破及び箱根駅伝予選会に出場することです。昨年もブログで同じことを書きましたが、本当に今年こそは切ります。しかし、今年はただ標準記録を切るだけでは予選会に出場することは厳しいです。今年から駅伝プロジェクトの推薦で入部する新入生も来て、人数的に補欠に回ってしまう可能性もあります。そのため、一刻も早く標準記録を切り、標準記録を切っている選手に追いつき、追い越せるようにしたいです。


最後に、来年度のスローガンとチームの目標を書かせていただきます。
来年度のスローガンとチームの目標は、、、

スローガン「自律と疎通
目 標「箱根駅伝予選会20位代

に決まりました。

このスローガンに決定した理由は、一人一人が「学生主体」であることにより自覚と責任を持ち(自律)、春季合宿を通じて、チーム内のコミュニケーションが取れてたという認識がありましたが、実際は不十分であったと実感したため、改めて認識し(疎通)、このスローガンを掲げました。

また、チームの目標では、昨年の箱根駅伝予選会に出場できなかった悔しさを果たすことと過去の先輩方の記録予選会30位を打ち破るため、今年度の私たちの目標は予選会20位代にしました。

このスローガンとチームの目標で来年度駅伝ブロックを盛り上げていきます。

長文失礼しました。
2019-02-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月21日(木) 2年 山内

こんにちは。
2年の山内です。
気温・天候の変化が著しいため、体調管理により気を配る毎日です。

最初に2月14日(木)、2月15日(金),2月18日(月)に行われたポイント練習について報告をさせて頂きます。

練習メニュー
<14日>
25kmPR
A 3分50秒
B 4分00秒
C 4分10秒

<15日>
400m*10(R=200m)
A 70〜72"
B 72〜74"
C 76〜78"

<18日>
20kmPR
A 3分40秒
B 3分50秒
C 4分00秒

前回に続き14日・15日はセット練習となり、18日は合宿前最後のポイント練習となりました。強度の高い練習が続く中、14・15日の練習ではほとんどの選手が設定ペースで走り切ることができました。

18日の練習に関してはA・Bチームは設定ペースでこなせた一方、残念ながらCチームは自分も含め設定ペースで完走した選手がほとんどいませんでした。
個人的に、身体にケア不足が見られたことから日々の対策がまだ甘いと実感しました。
各自様々な原因があると思います。どのフォームが適切か・ペース配分は乱れてないか等日々の自主練習で意識・確認を行い、自分も含め次回のポイント練習につなげて欲しいと思います。


次に私の昨年の振り返りについて述べさせて頂きます。
昨年は箱根駅伝予選会の標準記録の突破を目標としていました。しかしながら故障により夏期合宿は練習の強度を高めることができず、標準記録に届くことができませんでした。チームの一員として足を引っ張る形となり、全く貢献ができず悔しい1年となりました。

最後に来年度の抱負について述べさせて頂きます。
お恥ずかしながら、私は今まで夏季合宿を完全に乗り越えたことがありません。いずれの年もオーバーワーク・故障により練習が中断してしまう結果になってしまいました。
このような経緯として、故障を経験した後リスク回避のため、注意力が高まる一方、ある程度期間が空くことにより周囲の環境や練習状況に対する意識が甘くなり、再度故障に至るのではないかと考えました。
リスクを完全に防ぐことは困難ですが、「周囲には常に故障の危険性がある」と毎練習ごと自分に言い聞かせながら準備をすることにより、練習継続ができる状態を維持したいと思います。
また、大学第3学年として後輩に負けないよう練習に努め、チームに貢献したいと思います。

以上です。
長文失礼いたしました。
2019-02-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月17日(日) 2年 内山

こんにちは。
2年の内山です。

早速ですが2月11日(月)、2月12日(火)に行われたポイント練習について述べたいと思います。

練習メニュー
<11日>
25kmPR
A 3分50秒
B 4分00秒
C 4分10秒

<12日>
1000m×3
A 2分58秒
B 3分05秒
C 3分15秒

2日連続のポイント練習ということでしたが、A,Bチームの多くの選手はこなすことが出来ていました。しかし、Cチームに関しては自分も含め終盤に垂れてしまう選手が見受けられました。
ただ、練習をこなせなかった選手たちも、練習後に自分たちがこなせなかった原因等の反省をしていたので、次に繋がるいいポイント練習だったと感じました。

次は、
昨年の反省について述べたいと思います。
自分は入部当初箱根駅伝予選会に出場するためには、標準のタイムがあることを知り、そのタイムを切ることしか考えていませんでした。しかし、自分はその標準タイムを切ることが出来ず、チームとしても予選会出場は叶わずとなってしまいました。個人としてもチームとしても非常に悔しいシーズンでした。

最後に来年度の目標について述べたいと思います。
競技面ではまず、ケガをできるだけしないようにしたいです。昨年は走っている期間よりケガをしている期間の方が長かった気がするので、まずは継続して練習できるようにしたいと思います。
続いて生活面では、来年度最上級生の現3年生をできるだけ支えていけるように気を配っていけたらいいなと思います。

以上です!
2019-02-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月12日(火) 2年 福田

こんにちは。2年の福田です。

2月に入り、早10日余りが過ぎましたが、相変わらず寒い日が続いております。

早速ではありますが、
2/7(木)に行われました合同練習について述べたいと思います。

----------------------------------
〈練習メニュー〉
16000mPR
〈設定タイム〉
A:3’30
B:3’40
C:3’50
----------------------------------

卒業論文の発表や留学、体調不良などの理由で練習に参加した選手は半数程度となってしまいましたが、練習に参加したほぼ全員が設定タイム通りに走り切ることができていました。
余裕のある選手は上半身の動きや脚の流れ、腕振り等を意識したより実戦に役立つようなフォームを模索しながら練習をこなしていた印象があり、非常に意味のある中身の濃い練習になっていたと思います。( Good Job!👍 )

次は、
昨年の反省について述べたいと思います。
私たちは箱根駅伝予選会に出場することができず、先輩方が繋げてきた箱根駅伝への挑戦を途切れさせる結果となってしまい、悔しい1年間となりました。
私個人についても、5000m、10000mともに自己ベストを更新することができたものの記録としてはさほど満足のいく結果ではありませんでした。
また、初めてハーフマラソンに挑戦しましたが、目標とは程遠い記録となってしまい、全体的に煮え切らないままの1年間となってしまいました。

最後に、
今年の目標について述べたいと思います。
4月からは3年生となり、社会人のスタートがもうすぐそこまで迫っている状況です。自身の言動に、より一層の責任を求められる存在となります。部全体のことを考えながら、生活面と競技面の両者共に手本となり、昨年の反省を生かして、さらなる競技力の向上を目指したいです。
2019-02-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

2015年9月17日からの閲覧者数

プロフィール

芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック

Author:芝浦工業大学陸上競技部駅伝ブロック
芝浦工大駅伝ブロックのブログです!
大会、練習情報を発信していきます。
'19年度チームスローガン 自律と疎通

芝浦工業大学駅伝PV(2017年度)

最新トラックバック

Twitter...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR